20150729
安藤晶子さん個展「wildflower」
July 29, 2015

先日、なにげなくtwitterをみていたときに、
安藤晶子さんの絵が目に入り、
不思議なぐらい、ぐっと心惹かれました。
 
これはぜひ、近くてみたい、と思い、
原宿ROCKETで開かれている個展へ足を運びました。
 
ROCKETは、住宅街の中にある
小さな2階建ての建物です。
一部が吹き抜けになっていて、自然の光が差し込む中、
音楽がそっと響いています。
 
安藤さんの作品は、1階の入り口付近と
2階の四方の壁に展示されています。
 
わたしが行ったときは、
ちょうど、2階のところで、安藤さんが
お客さんのポートレートを描かれているところでした。
 
作家さんの手元をのぞけるなんて、ラッキーです。
こんな画材を使っているのか、
わあ、こうやって作品にしていくのかあ〜と、
少しドキドキしながら、
見入ってしまいました。
 
どの作品もとても魅力的だったのですが、
全体を眺めたときよりも、
ディテールに顔を近づけてみたときのほうが
コンピューターの画面でみていたときと
とても違う印象を得ました。
 
画面では一体がフラットに思えたのですが、
実際は、コラージュされた紙が少し浮いていたり、
インクがぽっこり盛り上がっていたり、掠れていたり、、と
細かな手仕事ならではの感触があり、
紙の質感や、インクの表情がとてものびのびとしていて、
安藤さんの指先から直に生まれた、その正直さが
とても気持ちよく感じられました。
 
作品につけられた名前もとても素敵で、
わたしは
「人生について考えることに心を奪われている」
というのが一番好きでした。
(少し間違っていたらごめんなさい)
 
あと、本をたくさん抱えている女性の絵があって、
もしもわたしがポートレートを描いていただくとしたら、
こんなふうがいいな〜と思いました。
 
せっかくご本人がいらしたので、
いろいろとお話しを聞いてみたかったですが、
絵を描かれていたということと、
それ以上にわたしがシャイで、こっそりお暇してしまいました。
 
1階には昔の作品集もあり(作品集をZINEのように作るのっていいですね)、
今とは少し違う絵をみられたのもうれしかったです。
 
安藤晶子「wildflower」
2015/7/24 fri – 8/4 tue 12:00-20:00 会期中無休
ROCKET http://www.rocket-jp.com