DSC01711
26才と3日
August 06, 2015

4日前、つまり25才の最後の日に、

駅まで歩きながらふと思った。

 

「人生とは、愛し、愛されることなんだなあ」

って。

 

突きつめれば、人間のしていることというのは

すべて

愛する、愛される

のふたつだけなんだと思った。

 

いろんなことで悩んだり苦しんだりするけど、

それもつまりは愛すること、愛されることについて

悩んだり苦しんだりしているんだと思う。

極端だけどね。でもそう思った。

人生は愛のレッスン。

 

26才と3日目の今日、またふと思ったことは、

「夢の中に生きるがよい」。

 

今日、いつもどおり白昼夢にふけっていて、

将来実現させたいこととか

新しく始めたいプロジェクトとかについて

ものすごくリアルに細部まで想像していたんだけど、

 

夢からさめて現実に戻って

「さあ夢を叶えるためにがんばろう」

っていうんじゃなくて、

夢の中にいたままで行動したらいいんじゃんと思ったのだ。

 

夢と現実が別々のものであるなんてただの思い込みかもしれないし、

「現実」だと思ってるものなんて

まるっきりウソかもしれないんだから。

 

*写真は久里浜港から千葉の金谷港へ渡るフェリーの中から奇跡的に撮れたワンショット

 

 

4 days ago, a.k.a the last day of my 25th year,

I thought this as I’m walking to the station:

 

“Life is to love and be loved”.

 

I mean, that’s the only thing people do;

to love and be loved.

Even when you’re struggling or feeling horrible or what not,

you’re struggling and feeling horrible because of love.

I know it sounds extreme, but that’s what I thought at the moment.

Life is a lesson of love.

 

And today, 26 years and 3 days old me

thought this, out of nowhere:

 

“Just live in the dream”.

 

I was daydreaming today, as I do,

very realistically and detailed

about my future and my new project

 

and then I thought,

“Why was I dividing my reality from my dream?”

I mean, as long as you choose to stay in “reality”

you can never live your dream.

Plus, since when did I believe that my dream and my reality is a two different things?

The “reality” that I believe might not exist in the first place, you know?

 

* This photo was taken on a ferry on the way to Kanaya port, Chiba from Kurihama port, Kanagawa.